違反ヒントはありません

そもさんせっぱちょーちょーはっし

学習時のもやもや感の正体

新しいことを学習したりする、その最中に起こるもやもや感の正体が何かを考えた。

基本的には知識/経験が足りないことに起因するのだが、それでは 知識/経験が足りない とはどういうことかを考える。

学習とは思うに

  • 前段としての暗記 に相当する 単体のデータ格納
  • 後段としての理解 に相当する 各単体データの構造化

があり、後者がもやもやの根源と思えた。

暗記においても、たとえば『DNS』というシステムを理解する必要があるとする。

Domain Name System(ドメイン・ネーム・システム、DNS)とは、
インターネットを使った階層的な分散型データベースシステムである。
1983年にInformation Sciences Institute (ISI) の
ポール・モカペトリスとジョン・ポステルにより開発された。

現在では主にインターネット上のホスト名や
電子メールに使われるドメイン名と、
IPアドレスとの対応づけ(正引き、逆引き)を管理するために使用されている。

このときまず DNS という語の意味を 暗記 しなければならないのだが、

  • ドメイン
  • 分散型データベースシステム
  • インターネット
  • ホスト
  • IPアドレス
  • 対応づけ (正引き、逆引き)

などをすでに 理解 していないと 暗記そのものも難しい。

つまり 暗記 には別要素の 理解が必要となってくるということでもある。

学習における 理解の前段としての 暗記 と、その 暗記 の前段における別要素それぞれの 理解との、

数珠つなぎで発生する奥の見えなさが、学習時のもやもや感の正体と考える。

それではそのもやもやを解決する方法にはなにがあるだろうか。

ウメハラ氏は『梅原大吾のスーパーストリートファイター講座』において、

昇竜→セビキャン→滅波動のコンボをできるところのパーツを切り取って練習するという話をしている。

  • 昇竜→セビキャン

  • (セビキャンのキャンセルの部分である)前ステップ→滅波動

の2要素に分けて練習しよう、という主旨だ。

本エントリとあわせると以下のようになるだろうか

  • 構成要素のパーツを最小の組み合わせで暗記する
  • 暗記A暗記B の関係性を構造化して組み合わせ 理解する

基本が大事だとよく言われるのは、暗記 フェーズにおいてそれ以外の 理解 を必要としないところからはじまるという安心感にあるのではないかと言うのがここまでの感想。

逆説的にはもやもや感が残るうちは基本に立ち返るというのは学習においての鉄則なのかもしれない。

学習好きな人はこのもやもや感を打ち消していくことと、もやもやが打ち消されたあとに来る全能感に興奮を感じるというのがあるのかもしれないな、とも思った。

問題文をつくることの難しさ

id:konifar 氏の

を読んで感じたのは 採用基準における「地頭のよさ」とは何か という問題文が自転車置き場の議論を引き出してしまうよな、という気持ちだった。 この点は筆者も

とにかく、ここまででわかったことは「地頭のよさ」という言葉を使うのはやめた方がいいなということだ。

と避けたほうがいいよねという結論に達していて好感が持てた。

いろいろ考えたい

1

以前twitterでみた「免許取得時の問題にひどいひっかけがある」というのをなんとなく思い出した。

ツイートが見つからなかったので近しい主題を言及されていた上記エントリから問題文を引用する。

Q1.原動機付き自転車は公道で50km/h以上で走ってはいけない。

  答:×30km/h以上で走ってはならないから

がそれである。 上記引用部に潜む「この問題文は答えを見たあとになんでこんな後味の悪い気分になるのか」を考えたい。 ひっかかる形の思考を自動車免許学科試験の「クソ問題」と、それを生き延びる方法 - 愛と怒りと悲しみのと同様に辿ってみる。 おそらくは「『30km/hを遵守することでそもそも50km/h以上で走ることはないから』という結果的事実を前提に盛り込みひっかかる」ということではなかろうか。 このときはこれっきりで考えることをやめた。

2

そして数日おいて安達裕哉氏の書いた以下のエントリを見つけた。

このエントリで安達氏が経済学者ダニエル・カーネマン氏の引用を以下の形でした。

すべてのバラは花である。
一部の花はすぐにしおれる。
したがって、一部のバラはすぐにしおれる。

そしてこう続ける。

無論、回答はNOである。

だが殆どの人は「YES」と思ってしまう。

で、この流れにはてブコメ的にツッコミが入っているのも確認した。 秀逸なのはこれだ。

「論理的に考える/書く」は、人間の本能とは異なるので、身につけるには辛抱強い訓練が必要。 | Books&Apps

ちょっとまってほしいバラ以外に花が存在することは前提に述べられていない

2017/02/08 21:27

このブコメ主の発想はとても好きで、本エントリ掲題そのものを語ってくれているよう感じる。

3

「原付きひっかけ問題」と「バラしおれ問題」は同じ背景を持っていて、 どちらもある種の観点からツッコミが入っている。

「原付きひっかけ問題」は「結果的にそうなるから○だろ」というツッコミであり、 「バラしおれ問題」は更に深刻で「現実から乖離した論理問題であるはずが、明文化されていない『バラ以外の花が存在する』という一般常識を持ち込んでいいの?」というツッコミと、 「そうやって一般常識を持ち込めるなら『俺はバラがしおれたのを事実見たことがある』けどそこは無視か?」というツッコミである。 ひとえにこれが問題文のつくることの難しさなのだと感じる。

それではここでひとつ例題を考えた。回答と 「その回答がおかしい」とするツッコミを 入れられるだけ入れてみようと思う。

例題

諸条件が満たされれば、水は−273.15度(絶対零度)で凍結する
回答 理由 その反駁ツッコミ 解説
絶対零度ならば凍結するから 違う。絶対零度ならば 諸条件が満たされていなくてもすべてが凍結する から A
諸条件が満たされれば水は0度で凍結するから 違う。問題文は 絶対零度の状態のみを設問している から B
-273.15度がセルシウス温度である定義がないから 違う。絶対零度という添え書きがあるからこの文脈では -273.15度 はセルシウス温度と認識して間違いない から C
x 諸条件がみたされなくても水は0度で凍結するから 違う。 水が純水であったり当該試験場が1気圧である明記がない から D

A

これを○とした人は 0度から-273.15度という温度の範囲 を考えている。

その範囲中で水が凍結するという事実をよく理解している。

これを☓とする人は 諸条件が満たされれば という但し書きが必要かそうでないかを吟味したいと考えている。

B

これを☓とした人は 水は何度から凍結するか という水のもつ性質を考えている。

ないしは 問われているのはセルシウス温度のこと と考えている可能性もある。

これは「原付速度制限クソ問題」の出題者と同じものの見方と言える。

これを○とする人は 問題文が定義した世界を忠実に守ろう と考えている。

このとき現実世界からは乖離していようが構わないという立場であるとも思える。

C

これを☓とした人は Bよりもさらに忠実に問題文に執着している と言える。

これを○とする人は 問題文の中に問題を解決する鍵が必ず存在する、いわゆるフェアな問題である前提 でこの問題文に対峙している人である。

D

これを☓とした人は B とほぼおなじ立場のように思える。

これを○とする人は C とほぼ同じ立場のように思える。

最後に

書いていて途中で自信をなくしてきたのだが続ける。

語りたいことは「問題文を提示するときには、なぜこの問題を出すのかを回答者に明示しなくてはならないのではないか」ということだ。

「原付速度制限クソ問題」であれば「法律をあなたが拡大解釈せずに理解しているか」ということであり、

「バラしおれ問題」であれば「バラと花は記号化されており、バラは花に含まれた集合でありかつ等価ではない、そしてここで問うのは集合と論理である」ということだ。

このあたりの明示がないままだと、問題文作成者に謎の権力が発生する構図になる。

そしてこのあたりを敏感に捉えた結果、id:konifar 氏は

抽象的で役に立たない言葉だと思うけど、
もしかしたら「あなたは地頭がいいと思いますか?また、地頭のよさとは何だと思いますか?」という質問をすれば、
求める答えが得られるのかもしれない。

というところにもやもやしながら行き着いたのではなかろうかと勝手に推察した。

「地頭のよさ」や「地頭力」という言葉はふわっとした形の理解では非常に便利さはあるが、

その一方で「問題文作成者の都合(採用であれば『企業の論理』)でその有無を雑に判定される可能性すらある」という印象を持った次第。

そしてそもそもこの「便利さ」は「地頭のよさ」という言葉を使う側の能力を、 隠蔽することにしか機能しないのではないだろうかという自戒も併せ持った。

『エンジニアリング組織論への招待』を読んだ、または「さよなら、コミュニケーション能力」

エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング (Kindle版)を読み終えていた。 感想を書いていなかったので書く。 著者の方へtwitterでいくつか質問を投げてすぐお答えいただいたというのもある。 それになにより現在進行系で自社でのメンタリング手法の参考にさせていただいている身としては、 復習の意味も込めて書いてみようという気になったのである。

とは言え少々出遅れた感じがある。何より僕はこういった単なる本の感想を書くのが実に苦手である。 ということでこの本を読み(特にメンタリング)、考えたこと、その先のことを書こうと思う。

著者の方へtwitterでいくつか質問を投げ たと述べたのは以下である。 ※読み返してみると先に声をかけていただき、しかも追加で質問にもご回答いただいた形だったので本当に嬉しい:-)

当該ツイートは「メンタリングすんぞ、って言うだけの企業ってありそうだよな」と感じたことの純粋な感想である。 このツイートにご返信いただいたあとに改めて投げかけさせていただいた質問の意図にあるのは「『メンタリング』というプロトコルが『メンターとメンティだけの関係に閉じる』のだとしたらもったいないよな」と考えたことにある。つまりは企業に言われたからメンター役をこなしているという状態。メンター期間を過ぎたらその振る舞いを忘れてしまうというような。

唐突にここで カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで(Kindle) の話をしだして恐縮なのだが、カイゼン・ジャーニーを読んで感じたのは「『越境』をする際に起こるそれぞれの立場から発せられる理論武装された正論ってほんと重く大きく壁として立ちはだかるよね」という感想である。「正論」が厄介なのはそれが正しいからだけでなく、その発言をさせている根源/本性が見えないからとも言える。

あれ?これメンタリングでどうにかなりませんかね。 というかこれをなんとかするためにメンタリングがあるのでは?

ということで考えたのは「職場の業務上コミュニケーションプロトコルが基本的にメンタリング的になればいいよな」ということ。もやっとしたこと、こうやって行こうかと考えるんだけどみんなはどう思うかなどうかなみたいなことを上手く言えなくて悩んでるんだよねってあわせて伝えること、それを聞くときの見守り態度。 このあたりがうまくいっている状態、入れ替わり立ち替わりでメンター/メンティが都度入れ替わるようなのが、おそらく筆者の方の言う「チームマスタリーを得ている」というような状態かと思った次第。

上記が正しいのだとすれば、「それじゃあ社員は業務知識と同じように、先に『メンタリング』を全員が学んで置いたほうがいいよな」という考えに行き当たるのは妥当と思う。 「メンターしたことある人をメンタリングするのは、プロトコル自体は理解してくれているから楽な部分あるよな」みたいなことが起こると思える。自身が知識として知っていることは指摘されても「あ、そうですね気をつけないと」と軽くすませることができる。これは『メンタリング』というプロトコル形式に基づいたやりとりであると理解しているからだ。 みんながメンター、みんながメンティ。いいねこれ。

さらに行き着くとこうなる。「本当に必要としているのは、よいメンターじゃなくてよいメンティなのではなかろうか」ということ。ほとんどのメンタリング書籍において「よいメンターを育てる方法」が書いてあるだけであり、逆に「メンティは常に無能」からスタートするからである。そして「メンターが確保せねばならぬ傾聴に費やす時間的コストは馬鹿にならない」と考える。そもそも傾聴の時間的コストは「メンティの成熟度」に依存する部分が大きいと思う。なぜか。「メンティがメンタリングを知らないから」である。すなわち「メンティ候補はメンタリングされる前に『メンタリングとはなにか』『よいメンティとはなにか』を自覚しておくと話が早いのではなかろうか」と考えた。

そしてちょっとだけ否定。この「よいメンティ」手法は形骸化する可能性があり、「よいメンティを演じなければならぬ」という問題が発生しそうだということ。「傾聴に費やす時間的コストは馬鹿にならない」と書いたが、馬鹿にならぬことに付き合ってくれたからこそメンタリングの大前提となる「メンティとメンターの信頼関係が構築できるのかもしれない」とも考えた。

なにはともあれ さよなら「コミュニケーション能力」 こんにちは「メンタリング」

速く歩く方法を考えた

マイブームで長く続いているものの一つに「速く歩く」というものがある。数年前にちょっと痩せないとなと考えて、過去を振り返ると出歩く機会が多い時期ほど体重を維持できていたというのがあった。それにもう走るなんてことはできないと感じている。というのも高校時分においては部活動で毎日呆れるほどに走っていたので、その時のよい経験がむしろ仇となって、あの頃のようにはもう走れないというところから、速く歩くことに重きをおいた。

速く歩くために、最初は体の構造分析をした。足とはどこからどこまでか? 分析してみると膝小僧から下だけを「足」として利用しているような歩き方だった事に気づいた。ここをもう少し大きくとれば「足」は長くなり、歩幅が伸びるのではと考えた。

結論から言うと足の裏から左右にある上前腸骨棘(腰の骨の出っ張り/今調べた)をそれぞれ「右足」「左足」と定義することにした。「右足を前に出す」ということは左の上前腸骨棘を軸にして、右の上前腸骨棘を回転しつつ前に押し出す、バスケットボールでいうピボットのような動きのイメージである。つまり擬人化したコンパスが歩くような感じを逆輸入的に人間がやるという感じ。

先述した部活動だが僕はバレーボールをやっていた。スパイクを打つときに肘を支点に打とうとするのはスイングスピードを遅くするし、フォームを固くしてしまいボールを打ち込むのに余分な力を使うという自身の経験があった。なので僕はスパイクを打つときには肩を支点に打つイメージでやってきた。タオルの先を丸めて重りにしてその反対側を右肩に貼り付ける、肩を動かすことでタオル分銅を振り回しボールを打つ、そんなイメージ。タオル分銅 = 手のひらで、タオル全体は肩より先の腕部分になると考えていただければ問題ない。実際に貼ってみて体を軽く回転してみればタオルはしなやかに最大速度を持って動くのがわかるだろう。

これを足でやるとすると肩=上前腸骨棘となる。タオルはその下につながる肉の塊全体である。上前腸骨棘を回転させることでタオルである足は遠心力で前に出る。遠心力が足裏を大きく自然と遠くへ投げ出してくれる。足裏の重みに委ねていれば膝は意識しないでも伸びきる。とこういう感じだ。

驚いたことに歩幅が伸びるのはさることながら副産物として速度が乗る、減速しづらいというのがあった。どうやら太腿の前側の筋肉はブレーキをかける役割のようで、膝を高く上げるであるとか足の回転を早くするであるとかを意識すると、その筋肉が作用して結果ブレーキをかける働きをしているように後付ながら感じた。

意識するのは上前腸骨棘の互い違いの回転運動で足はその遠心力にまかせてついてくるもの、加えて言えば回転運動から軸をずらさないように足裏で重心管理を行うというのもテクニックの一つである。これを体得してからどこまでもスピードに乗って歩けると感じた次第。

仮想通貨でおもうこと

吉四六 - Wikipediaにある 牛の鼻ぐり という説話。

牛の鼻ぐり

ある日吉四六は変装をして、
町の店という店に「牛の鼻ぐり(牛の鼻につけて手綱を通す道具)はないか?」と聞いて歩いた。

どの店にも鼻ぐりは無く、
吉四六は「困った困った。また来よう」と大きな声で言いながら帰っていった。

数日後、今度は変装せずに
牛の鼻ぐりを山ほど担いだ吉四六は町で鼻ぐりを売って歩いた。

先日の男が吉四六だと知らない店の主人達は、
あの男が買いに来れば大儲けが出来ると我先に鼻ぐりを買い求めた。

当然それっきり鼻ぐりを買いにくる者など居ない。
店の主人達が吉四六にいっぱい食わされたと気づいたのはだいぶ後のことだった。

これをいつも思い出す。

現実がもっとややこしいのは、 最初のうちは吉四六側には「これはほんとうに価値のあるものだ」と信じている人もいるということ。

面接前にオマジナイをする

転職をしてもうすぐ2年となろうとしており、 諸々の事情でマネジメントをしているという具合である。

そのとおり! 今あなたが想像したように、そこらのマネージャーと同じ程度には面接を担当するのである。少しずつ数をこなしていくうちに、様々な方向に対して「これではよくないのではないか」という気持ちがもたげてきてしまい、 そんな自身の気持ちを制御すべくオマジナイが必要だと感じた次第である。つまり、ここで語られるのは面接開始時に被面接者へお伝えする(そしてそれが僕自身へのオマジナイである)内容を書く。

この「オマジナイ」に期待しているのは、いわゆる企業面接にありがちな「企業が被面接者一個人を品定めするという非対称性」をどうにかしてリフレーミングする、ないしは出来得る限りの排除をジタバタもがいてやる、というものである。

では「オマジナイ」について

まずはじめにすることは「この面接のゴールを被面接者に伝えること」である。 「(面接官である)僕達があなたのことを知りたいように、あなたにも弊社を、そして取り巻く環境とうず高く積み上げられた課題問題をぜひ知って帰ってほしい。これを今回のお互いのゴールとしたい」という話をする。

その次にするのは

  • 「で、これを(つまり先述した「ゴール」を)目指すために共同作業が必要であるから、面接という緊張する場面でお願いするのは変な話だとは思うが、できるだけ率直にエンジニア同士の会話としてこの面接をやりたい」
  • 「イメージしているのはお互いが今同じ空間で仕事をしていて、ある問題の相談ないしは意見交換をしているかのように、いつもどおりに話せること」
  • 「率直なやりとりを優先したいので、僕達も面接官としての面接テクニックを弄しないよう注意する」
  • 「その一方で率直さが勝り、もしかすると好奇心から無礼と感じられるような質問をしてしまうかもしれないので、その点は事前に了承いただきたい」

という話をする(最後の2点は最近付け加えた)。 効果があるのかないのかは未だによくわからない。なのでオマジナイという側面が強い。

これで「オマジナイ」はおしまい

次に「オマジナイはお前自身になにをもたらすの?」という話をする

僕は破滅主義者でかつ懐疑主義者の傾向があると自己分析する。これが災いしているのかわからないのだが「自分が有利な立ち位置にいることを自覚した瞬間に居心地が悪くなり、不当な評価を得てしまって世界に対して申し訳ないような気分になる」という性質がある。自意識過剰といわれてもしょうがないのだが、これは間違いなく訪れる。なるほど、だとすると「面接官」という立ち位置は圧倒的に居心地が悪いし申し訳ない。

自問するのは「やっているのだ、気付かぬうちに。たかが企業の面接官が一個人を品定めし傷つけるような、そんな振る舞いを見せているのだ」ということだ。スタンフォード監獄実験的にロールを権力に結びつけて、そのロールが通用する空間で権力という刃を振りかざしてしまっている可能性を常に考慮し自制したいと考え、件の「オマジナイ」を必要としている、というのが理由である。

「運がよかった」と考える

ライト、ついてますか―問題発見の人間学 | ドナルド・C・ゴース, G.M.ワインバーグ, 木村 泉 を読み終え、もうすぐピクサー流 創造するちから eBook: Ed Catmull, Amy Wallace, 石原 薫も読み終わりそうなところまで来ている。 読んでいて感じたことを書く。

『ライト〜』において以下が語られていたと感じた。

「それは本当に解決すべき問題か」
「この解決法ははたして最適の解であったか」
という自問自答を未来永劫繰り返す必要がある

ピクサー〜』においては

「人はやったことと現在を強く結びつけがち」
「成果がでれば自分のあの時の行動に意味があり、失敗したら周りを取り巻いていた環境のせいにしがち」
となり、「もしもそれを『やらなかったら』どのような現在になっていたか」を顧みようとしない。
畢竟「ここにある(もの|こと)は偶然の産物」なのではなかろうか

という感じ。 閑話休題

ビジネス界において「成功者の生存バイアス」はとても強く、「あの時のあの決断が今の彼の人を形成した」と伝説的に語られることが多い。 実際のところその真偽は計測不能ではないかということを僕は普段から考えているし、「もしも本当にそうなら彼の人の行動は再現性がなければならない」とも考える。 しかしながら世界というものはその再現性検証を許さない。なぜなら「彼の人」はすでに「成し遂げた彼の人」であり、また世界は「あの人の成し遂げた事柄A」を広く共有した世界なのだから、再現性検証ができるのは「A以後の拡大再生産」についてのみである。裸一貫の、無名の人の、Aが存在しない世界にAをもたらす決断の再現性検証は不可能なのである。であれば「あの時のあの行動が、本当に唯一の最適解であったか」などというものは、検証不可能な事柄である。「あの時にあの決断をした」「その後Aが生まれた」という事実が、ただ事実として存在するというだけだ。

一つ留意していただきたいのは「その決断は間違いだった」というわけではない。それは本当に「正しい決断」であったかもしれない。だがその「過去の正しい決断」を、己を英雄視せずきちんと評価するのは大変むずかしいことなのだ、ということが主旨である。過去の「事実」の羅列を前にすると、(彼の人自身も含めた)人は「あの時のあの決断」と「その後Aが生まれた」という強調されたイベントを、何か意味のある因果関係めいたものとして強く結着させて、一つの物語として理解しようと単純化を試みるからだ。『ピクサー〜』において著者の一人は以下のように語っている(改行は僕が勝手に入れた)。

ピクサーで次の映画のプロットを検討しているときは、
未来につながる道を意識的に選んでいる。
入手できる最良の情報を分析し、進む道を選んでいる。

ところが、過去を振り返るときには、
脳のパターン認識に基づいて、意味のある記憶を選んでいるのだが、
そのことに気づいている人は少ない。

それにいつも正しい選択をしているわけではない。
人は精一杯いい物語──過去のモデル──をつくろうとする。
他人の記憶の助けを借りたり、自分の限られた記録を吟味してより優れたモデルをつくろうとする。
それでもそれは現実ではなく、一つのモデルにすぎない。

『ピクサー流 創造するちから――小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法』ダイヤモンド社
エド・キャットムル, エイミー・ワラス, 石原 薫(翻訳)

過去を語る時「人は見えるものしか見ていない」し「見えないものを見ようとも、見えていないだろうと気をつけることもしない」と件の筆者は言っていて、特に後者を「隠れしもの」として強く意識している。人はそもそも過去を語る時、自身のメンタルモデルに基づいて記号的に事実を寄せ集めた物語を語るため「成功譚には自身のメンタルモデルに反する事柄を排除する傾向にある」ということだ。

突き詰めるとこれらの「成功」は「偶然の産物」とみなした方が妥当性が高いのではないかと考えた。 消極的/謙遜的な意味でなく、最も論理整合性を保った形で、まだ自身に見えていない「隠れしもの」がパラメータとして存在している可能性をただひたすらに自問自答して、「運がよかった」と考えるほうが良いのではないかと考えた。