違反ヒントはありません

そもさんせっぱちょーちょーはっし

僕たちは「変わらなければならない!」のですか?ほんとに?問題

ここ数年、ことあるごとに「変わらなければならない」と煽られてる気持ちがする。
『能力を発揮できない(とかなんとかよくわかんないけどいい感じになってない状態)のは、現状に適応していない君自身(これは国でも企業でも部課単位でもいい)の問題だ』というのがその叱咤激励の主旨である。というか「変わらなければならない」というのは「今のお前じゃダメなんだばーか」と言っているのと大して変わらない。ので「これは人格否定なのだ」ととっても別段問題は無いかと思う。そう思うことで「これはアドバイスなのだ」と気兼ねせず「はいはいくそったれ」と片付けられる。

僕自身は「人は概ね、個々人それぞれのスタンスにおいて正しい振る舞いをする」と考えているし、
「その人自身の最適化された答えに近いことを意識的無意識的問わず行うものなんだろう多分」と考えている。
つまり
「『君は変わらなければならない』と言う叱咤激励には、発言者の願望が含まれている」
と考えるのが僕だ。

そしてうまく結果を出せない僕達にも、
「いやそうじゃない、結果を出せないばかりじゃない。出そうと思っていない。前向きに結果を出すことを狙っていかない。あえてやらない」
というのも一種の最適解であるのだろう、というのも僕は同様に考える。*1

「君は変わらなければならない」というのは「俺自身は変わらないけどな(グヘヘ)」ということに等しく、「それは君たち個々人の問題だ」という処理の仕方である。
「いや僕はやりません、あえてやりません、結果出そうとかそういうの狙ってません」というのは、「現状の社内機能<システム>に不満がありますからね(ペコリ、失礼します)」という状態への最適応なのだと思えて仕方がない。

非常に狭い空間で
「お前は変われ、今のままじゃ駄目だ」と「僕は変わりません、今のままじゃダメです」というやりとりが繰り返されている。
裏を返せば、
「俺は変わらんよ、今のままでいい、経済情勢をよくみろ」と「そっちが変わってくださいよ、僕のメリットがないじゃないですか」というやりとりだ。

先述したとおり、どちらも正しいのだ。僕はそう考える。
であればストレートな意思表明をする側を支持したい。
「搾取させてください」vs「寄生させてください」になるか。
いやそうではなくて、
「結果を先に出すべきだ」vs「見返りを提示してください」になるか。
とにもかくにも

これは資本主義下におけるタタカイなのだ

とそう考えることにした。
「あいつを変えなれければ負け」であり、「あいつに変えられたら負け」なのである。*2

*1:もちろん併せて「一所懸命やっていますがどうしても『あなた』のいう結果が出せないのです(ショボン)」という人が多数であるのではないかな、と言うのも忘れてはならないのです。

*2:この本文も書き手と読み手において、同様のタタカイが生じるだろうと考える

「逆に何ができますか?」論法について

ある発端となるような(案件|事象)があったとして、その責任者に技術屋がこう質問される。

責任者「って案件なんだけど、できることってなにかなあ?」

あまりにも漠然としているので大抵の(部署内最適化された)技術屋はこう返す。

技術屋「それって結局何がしたいんですかね?それによりますね」

もっともだと思う。が、これで会話が終わる場合はほとんどない。当該の責任者はその返答はすでに予測していて、思ったとおりの気のない答えが返ってきたことにうんざりしながらも、

責任者「うーん、むしろ逆に何ができますか?どれくらいのことなら対応可能ですか?」

と返してくる

技術屋「うーん、何ができますかねえ(やばい当初より質問が増えている……)」


というやりとりをよく目にする。
これは「卵が先か鶏が先か」的チキンレースなのだとお気づきであろうか。
具体例を提示するのは少なからず責任が生じる。「ただの思いつきですが……」と一言添えること自体もストレスになり得る。
またそれ自体が一種の言質だ。情報を「先に」「多めに」出したほうが負けなのである、例えそれが同僚であろうとも。嘆かわしい。

いろんな見方がある。
会社としての成果でみれば、どんな回答を誰がしようと、正しく早く顧客に届けば顧客の満足度も上がるだろうしそれでいいのだ。
しかし部署間同士の関係性で見れば

「責任者さんの案件なんだからそっちが頭つかうべきだよね」
「そもそも技術者はその案件、絡んでませんからね」

という話になる。
その時間を費やせば解決できる程度の問題であったりするが、得てして「それは(でき|し)ません」という回答にリソースは割かれる。
不毛と言えば不毛だが、責任分界点的には正しい気がする。


個人的にはこういう回答法で行こうかと思う。

僕「それって結局何がしたいんですかね?それによりますね」
責任者「うーん、むしろ逆に何ができますか?どれくらいのことなら対応可能ですか?」
僕「逆は無いです。ではこの件は終わりでいいですか?」

不毛であることはわかっているが、正しいやりとりであると思える。
生産性を持たせるのならば、

僕「それって結局何がしたいんですかね?それによりますね」
責任者「うーん、むしろ逆に何ができますか?どれくらいのことなら対応可能ですか?」
僕「じゃあ、こっちで考えてこっちで実現して僕等の案件ってことにしますね」

ってな感じなどハードボイルドであると言えまいか。

思うに

自分の情報を出し惜しみして、相手から情報を聞き出し、その「情報管理なんだか操作能力なんだか」とやらが仕事力だと思ってる奴は総じて糞。

以上。

証明する必要があること

(天邪鬼であることはわかっているのですが)やはり納得出来ない事には従う必要はないわけです。
現在の所属企業におきましては、毎週特定曜日に1時間〜2時間弱「経営者号令のもとにはじまった『全社MTG』」を行うのが文字通り「慣習化」して来たようで、当たり前のように業務時間を浪費されてどうにも困っていたわけです。

僕としても、何もせずに黙って看過するのもおかしな話だと思ったので、実験を行う事にしました。
そもそも全社MTGとは言え、他社との打ち合わせ予定が入っていたり、リリース作業があったりで「MTGを欠席」「MTGを中座」ということは「業務優先」ということで許容されていたわけです。
ではその「許容の幅はどこまでか?」ということを調べる事にしました。

まずはじめに適当な「作業」をでっちあげることにします。とは言っても「すいません、作業がありまして」と事前にネゴって断るわけでもなく(つまりまんま「サボり」です)、問い質されたら回答するために用意しておく心づもり程度のものです。
しかし、そんな心づもりも杞憂であって、結局誰も僕がいないことを気にする人はいませんでした。

ってことを3週間くらい続けました。
3週間でわかったことは
僕が全社MTGを欠席しても

  • ほとんど誰も気にしない(気にしている人はいても何の影響もない)
  • 僕も含めて誰の業務にも支障がでない

ということでした *1

「なるほど。であれば『効果のないことに投資すべきではない』よな」という発想に行き着きます。精神論でやってこれた時代とは違うのです。全社MTGをサボる、ともすれば他者の気持ちに配慮しない行為で、「なんだよ気分悪いな」と言われる可能性が高いでしょう。

しかしですね。
「気分よく、気持ちよく働く」というのはとても重要な事柄ですが、それは巡り巡って

  • 「(短期視点で言えば)作業効率が上がるから」
  • 「(長期視点で言えば)離職率が下がり社員の成長を見込めるから」

という『結果』のためだけにあるのです。
おっさん連中が「気持ちよく働くために」「空虚な安心を得るために」「儀礼的形骸的ほげほげで時間を浪費する」ことは許されないのが今の時代です。

そこで複数の社員に宣言をするようにしました。

  1. 「(件の)全社MTGは少なくとも僕自身に価値はない」
  2. 「(あの内容の)全社MTGに毎回参加したとして、2時間*4回/月をペイする自信がない」
  3. 「(同様に)そのことを自覚しながら全社MTGに惰性で参加している人がいるのだとしたら、それはそれで危機意識がない気がする」
  4. 「(したがって)全社MTGに参加せずとも(少なくとも僕自身においては)業務に支障がでないことを証明する」

ということをやってからさらに2〜3ヶ月くらいやってますが、業務に何の支障もでないというお話。

*1:確信していたことですが

予想していたよりも「うまく」ない

接続口増設問題というのがある。電源タップをタコ足的に拡張していく際の例のあれである。単純に計算すると大概 使用可能ポート = 総 ポート - 増設タップ数 となる。
例 ) 四ツ口タップを一つから二つにする
壁のコンセント -- 四ツ口タップA -- 四ツ口タップB
つまり真ん中にある四ツ口タップA は三ツ口しか自由に使えないわけだ。いや当たり前なんですけどね。
この「あーなんか損したな」「これそこまで上手い話じゃなかったな」という感覚が去来するのがすごい不思議。

もしかすっとリソース拡張の問題で、リソース拡張に費やされるリソース消費量の問題なのかもしれない。
現場でよくある

  • 上司「外注増やせばなんとか回せるでしょ」
  • 上司「人増やしたら楽になるよね」

的見解。これも実は言うほど楽にはならない。

  • 増やした人員を管理/教育するのは誰か
  • 外注との責任分解点とか仕様とか洗い出すのは誰か

というところで、結局時間は吸い取られる。むしろ自分一人が手を動かして作業するよりも、時間がかかる場合もある。

そうかそうか、ざっくり牧歌的かつ楽天的な思考というのは「どこに挿す」「誰がやる」という点が抜けているのだ。
現場を知っている人間なら、この手の思考を先ず辿らない。正確に言えば「辿ったことで誤った経験が過去にあるのでもう二度と辿らないよう戒めている」ということ。
スイッチのポートが24ポートあったとして、

  • 「24ポートのうちどこに挿してもいい」
  • 「○○のサーバのEth2は○ポート」

前者と後者ではあとあと違ってくる。特にサーバを移設やら増設したりする場合に、前者だと「どこに挿してもいい」ということが状況把握を妨げる。楽天的に「どこに挿してもいい」と誰もが口々に言い出す。当日現場にいった作業者が「おいおい挿す場所ねーじゃん」となり得る。言い訳は「どこに挿してもいいと言われてましたので」ということになる。まあ通用しない。
一方後者では「このポートに挿さったLAN線はここに挿し換えます」と一本ずつ移し替え最終系を確認する意思が統一されているため、この手のポカは未然に防げる。

同様に
A「これ誰がやるんですか」
B「そりゃうちの部署でしょ」
A「いやそれわかってるんですけど、だから誰がやるんですか?」
B「みんなでやるんだよ」
A「みんなって誰ですか?あなたも含む?」
B「いや私は別件持ってますから」
A「じゃあみんなじゃないですね、誰がやるんですか?」
B「私以外の誰かでしょうね」
A「それってつまり僕しかいないってことですよね」
ということはありうるので気をつけよう。意図しようがしまいが『言わない噓』の典型的犠牲者である。

半身人のはしご昇降コスト

身体が右半身しか無い、ちょうど真半分に切られた人間みたようなものが、生命維持にかかる装置も無しに動き回れるような世界。そんな世界のPVが何故か目の前に流れていた。

シーンは、片側しかないはしごを上り下りするだけの半身人間。
はしごのイメージとしては「四角を積み重ねたようなはしご」ではなくて、「真ん中に芯があって、左右に互い違いに枝を生やしたようなはしご」である。本線を主にして互い違いの丁字路(十字路にならない)みたいな。
さらにその「枝をはやしたようなはしご」の真ん中から右部しかないものを想像してほしい。そんな半分のはしごを上り下りする。

PVの主題としては、「半身にしてしまえば、コストは半分で済む上、上り下りに関しては同じようにできる」みたいなこと言い出してて、あ、なるほどな、と夢の中で感心した。

真半分人間みたいなのを見せられて「ああこれはグロだなあ」とか思ってたらそんな言及一切なくて、思考実験的でなんと理性的なんだ僕はという気持ちになっていっそ誇らしくなった。

あと特殊能力なのかなんなのかしらないけど、件の半身人間の世界には『杜子春』みたいな秩序があるらしく、

  • 青く光る = コストパフォーマンス高い / 良
  • 無印 = とんとん
  • 赤く光る = コストパフォーマンス低い / 悪

みたいな機能を備えていたのだけど、これはそこまで感心できなかった。

ちなみに「中島らもは『夢の話する奴はつまらない奴だ』みたいなことを言っていた」ということを、夢の話をするたびに友達に言われ続けて来た事を思い出しながらも書いていたので、臆面もない。

「日本ではじめてのエンターティメント」なるものについて真面目に考えてみることにした。

超々ロングベストセラーである『古事記』にはこうある。

須佐之男命のテンションがあがりすぎて脱糞、それを受けて太陽の象徴とされる天照大御神は「しょうがない許す」と寛大な慈悲を見せるも、須佐之男命テンションとどまる所を知らず粗野蛮勇の限りを尽くす。天照大御神、さすがに怒り(当然だ)天岩戸に引きこもってしまう。「太陽」が隠れてしまったから高天原が真っ暗になってしまってすげー困ったやべーよまずいよずっと夜だよ。

と、八百万の神様連中が困っているところ、天鈿女命が胸さらけ出し天岩戸の前でストリップ(開闢以来初)を披露した。それをみた神様連中は大笑い。天鈿女命facebook特設ページの『いいね!』は800万を越えた(開闢以来初)。

そんなにぎやかな笑い声を天岩戸の中で聞いた天照大御神、外が気になり様子を伺うため天岩戸をちょっとだけ「ご開帳」してみることにした。闇夜の高天原に「太陽」が一筋の光を射し入れる。光は徐々に太くなり、光の筋は束に、光の束は帯となり、果てには天鈿女命のストリップをみながら大笑いしている楽しそうな八百万の神々の顔を明るく照らす……。


これが一説には「面白」という言葉の由来と言われる、「日本ではじめてのエンターティメント」の一部始終だ。

「エンターティメント」なるものについて真面目に考えてみることにした。

人がこの世に生を受けて、はじめて体験するエンターティメントはなんだろうかと考えると、これは「いないいないばあ」であることには異論がなく議論の余地もない。「いないいないばあ」を笑いの手法を以て考察すると以下の点があげられる。
・「いないいない」で目を隠しコミュニケーションを遮断した後の「ばあ」という「緊張と緩和」
・上述のパターンを何度も繰り返す「天丼」
同じ空気を共有し視線を交えた「コミュニケーション」こそが最上のエンターティメントであると、僕たちは幼いながらに「しばしの別れと再会を繰り返しながら」理解したのである。