読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違反ヒントはありません

そもさんせっぱちょーちょーはっし

満員電車の生態系

上記のようなことがあった。
うまく説明する方法がなかったので.pptをでっちあげた。

実際当事者が本当に不快に思ったかなんてわからないのであり、
確かめようもなく僕の妄想の範囲を超えないのではある。
「傍から見た僕が不快に思った」という過剰さがここにあるだけなのかもしれない。
ただなんとなく僕の中にあるメランコリー親和型的な部分を突かれて、
胸がぎゅっとしたという話である。

『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』は女子高生版『神聖モテモテ王国』である!

件名ですべてを言い尽くしてしまった上に、考察はない。
凰蘭氏をファーザー、門出をオンナスキーとして読んでる。

苦手なこと、未知なることを学んで気がついたこと

僕がある程度時間をかけて明示的に学んできたものは生涯においてこれだけである。
・中学、高校の部活動においてのバレーボール
・26歳から正社員として本格的に学び初めたLinuxの知識(独学ではあるが)
上記の2点を学ぶことで苦になったことはあるにはあるのだが、
気付かぬうちに克服してある程度のレベルを体得する(または、した)に至っている。
ここで自分の中に「学び方」についてのモデルが「出来上がっていた」。

厳密にいうと「出来上がっていた」というのには、実のところ語弊があるように思える。
そもそもそれ以前の「出来上がっていた学びのモデル」に合わせて、
・バレーボール
Linuxの知識
も学んできただけに過ぎない、というのが真相ではないかと振り返ってそう思う。
つまり「新しい自己を獲得した」わけではなく、「当時の自己を拡張してきた」というのが正しい。

しかしここ最近、まったくトライしたことのない領域を習得してみようと軽い気持ちで考えた。
・中学当時からまったく理解できなかった英語
この英語を習得しようと時間を割いて学んで行く過程で新たな発見があったので、
そのあたりを言語化したいと思ったのが当エントリである。


学び始めて間もないのだが、それでも「英語についてなぜ中学生の自分が理解できなかったのか」というのがわかってきた。
どうやら「英語を日本語で学ぶ」ことが理解を妨げる原因だったように思える。
先述した「当時の自己を拡張してきた」的学び方を中学時分でも同様に用いたので
・日本語と英語の共通点はなんだろう
・それ以外の例外はなんだろう
というアプローチになっていた。
そして当時の僕を思い返せば「なんだこれ、例外だらけではないか」「不整合ばかりで脳内棚の整理ができない」となることが多く、
結果諦めるようになったのでは、と考える。
日本語を母国語としてある程度熟知していただけに、
英語の教科書や教師のいう「日本語の意味」「日本語による構文パターン名」にひっかかりを覚えることで、
英語そのものの理解が妨げられていたのではないかと考えた。
これは「野球で例えると何ですか」というのの弊害と似ているように思う。

今は
・構文を覚えるために『Essential Grammar In Use with Answers』をやっている(以後、本書と呼ぶ)
・単語は現状の貯金のみで凌ぐ。「単語をより覚える」というのは後回し
という状態である。
ここでは平易な英語のみですむため、本書にある英語も(今のところは)ほとんど理解できる。
また本書冒頭にあるような "present continuous" という言葉の意味それ自体も特に理解しようとは思わない。
必要なのは「"present continuous" と掲げられた章にある構文ルールはこれだという記号的理解」のみ、という気持ちでやっている。というかそれしか情報がないからどうしようもない。それ以外を理解できる英語力がないので気にしなくていい。
「色のついた積み木をパターンどおりに並べていく(場合によっては軽く面取りして並べる)」程度の作業だ。
こうなると全くストレスなく、ただパターンを覚えることだけに集中することができる。
すべて英文だから「この場合、日本語ではどうなのか」ということを一切考慮しなくて良い。
まだ僕はそのレベルにいないのだからこれでいいのだ。
しかし日本の英語教科書だとこうはいかない。英語と日本語のすり合わせを容赦なく求めてくるからだ。求めていないのならば単に教科書に英語以外のノイズが含まれているということでもある。
何が言いたいのか。つまり「英語とは英語のことなのだ」という理解でいるし、
「英語とは日本語で説明された『英語』ではないのだ」ということでもあるかもれしれない。


ここまできて、「英語を学ぶ」=「苦手なこと、未知なることを学ぶ」ということは、
大変な人生の豊かさを得るきっかけとなるのではと考えるようにすらなった。
短絡的に言うと「英語を習得できるかもしれない喜び」というのがあるが、その背後にある「今までの自身にはなかった『技術習得アプローチ:英語を学んだようにやる』という新たな『学び方』モデルを得る」ということにこそ非常に大きな価値があるのでないか、と感じるようになった。

これはすごいことだ。
何かを習得しようとした際に、二種類の『学び方』モデルから、習得対象に合わせた最適なものを選べるようになるかもしれない。
もしくは「僕自身の持つ『学び方モデル』がさらに拡張されたのだ」という言い方でも良い。
このことに気がついたので「『学ぶ』ということは大変に面白いことなのだ」と改めて考えるようになった次第である。

『ハンロンの剃刀』が通じないパターンを考えた

ハンロンの剃刀という語を知った。「(その愚かしい行為の根源が)無能で説明出来ることに、悪意を見るな」という意味だという。なるほど昨今セキュリティに関するバグなどを見ると、どれだけ高度なプログラマでも、ある点(それは精神的な面かも体力的な面かもしれない)で無能になってしまう瞬間があるのかもな、と考えたりした。

で、こう考えること、つまりハンロンの剃刀を僕が採用できるのは、僕が信頼しているからなのだよね。こういう技術者とそのコミュニティを。

何が言いたいかと言うと、「無能で説明できるのに、不要な悪意を付帯させるな」という方便が、通じない人には全く通じないのではないか、と考えた。無能が原因なわけではない!ってその組織に対して信頼感ない人は考えちゃうと思うんだよね。
もしくは「無能を放置した組織の悪意、または無能さ」を見出すと思うんだ(ハンロンの剃刀にピーターの法則を加味すると目も当てられない!)。

このハンロンの剃刀で指摘されている「悪意を見ちゃう」原因って、その関連する評価体制への不満だとか、(結果論ではあるけれど、「無能」を放置した)意思決定にあるんだろうな。

ここらへんの話を「公安が泳がせているのだ」的な都市伝説で語れそうな気がした。

GoProが面白い

GoPro HERO3+を購入していた。
動画撮影結構面白いものだ、ということに気が付かせてもらったのだけど、
その一方で、いくつかの課題というか乗り越えなければならない壁みたようなものも感じたので記す。

別にGoProでなくてもいいシーンを撮影してる

これは特に危険性もなく、奇妙奇天烈な画をとるわけでもない場合。
こんなの別にどんなカメラでもよくねーか、iPhoneでもいけるべ、
というのがあるとGoProの価値は薄れるし、投資した気持ちはぐにゃーんとなる。

GoProでなくては撮れないシーンを撮影するためには

「GoProってアクションカムなわけよ」ということを再確認して、
つまり「お前がアクティブじゃなかったらどうしようもなかんべ」という事実を、
見つめ直す必要に迫れられるわけだ。
別に自身がアクティブでなくても誰かどこかのアクティブさんに撮影を代わってもらってもいいのだが、そんな信用のおける人探すほうがよっぽど面倒な話。

面白い動画は編集が重要である

これはそのまま。だらだら撮影したものをだらだら流したところで価値を共有できるのは、(こういった撮影動機などの)前提が共有できる撮影者と、前提を聞かされている知人くらいのものであって、それは「動画」そのものの質は関係なかったりする。

編集するためには組み合わせる動画が必要である

つまりだな、GoPro一台では足りないのだよ。
少なくとも2〜3台は必要。

感想『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を語る前に事前に語ってすっきりしておきたいこと。

『劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語』を計2回観ました。
そんな中で考えたことがあったのでいくつか感想としてまとめたいと思いました。
しかしながら『魔法少女まどかマギカ』というか、ある種「メタな作品」と出会うといつも思い出すのが以下の件ですので、
本編の感想と混ざると非常に読みづらくなりそげなのでさっさと先出しで吐き出すことにしました。本編感想は週末に書こうかと思ってます。


落語をはじめとする古典芸能にはひとつの限界がある。それは「奈落の側にいる客は、すでに噺の内容を知っている」ということである。落語家は「みんなが知っている噺を(それなりのアレンジを加えながらも)同じように披露する」という、「感動性を提供しづらい」物語の表現法を強いられている。

粗忽長屋 談志 - YouTube
とりあえずこの落語を見て欲しい。

粗忽長屋』とは
八っつぁんが野次馬だかりの中に行き倒れを見つけ、その死体を熊さんと勘違いをする。
その上「熊の野郎が世話かけてすいません、本人を連れてきます」と、
熊さんをわざわざ自宅から連れてくるどころか、「これはお前だ間違いなくお前だ」と説得をする。
熊さんも熊さんで「ああこれは俺だ俺なんだ」と考え違える……。

という筋にするとたいしたことのない噺である。なので一度この噺を知ると「ああ、八っつぁん殿は勘違いをしているし、その勘違いを押し通して熊の野郎をつれてくるんだな」となる。そして二度目に最早感動はない。これこそが古典の宿命である。

さて。
立川談志は何をしたか。

結論を言うと、
談志は「高座」と「(客席である)奈落」の境を破壊した。

「それはあんたの勘違いだから」という制止を聞かずに八っつぁんが長屋に戻ってしまう場面(19:46〜)では、残されて呆然としてる町人(もしくは当時の警察相当?)にこういうやりとりをさせている。

A「……行っちゃった、おまえさんそこで笑ってる場合じゃないよ、どうするあれ」
B「いいじゃないすか、連れてくるっつうんだから。連れてこさせりゃいいじゃないすか。あたしゃきっとああいうのは連れてくるんじゃないかと」

また、八っつぁんが熊さんを連れて帰ってくる場面(26:48〜)ではこうだ。

A「おんなじような人がもう一人来ちゃった……やだよまあええーうーん行き倒れの当人だってさ、行き倒れの当人だって」
B「だからあたしが言ったじゃないですかあんた、ええ『連れてくるかもしれない』ってあたしゃそう言ったでしょう。連れてきたんですよ」

B が「奈落にいる観客と同じ視点を持ち合わせている」ことに気がつかれただろうか。
観客が「あれは連れてくるんですよ、そういう噺の筋なんですから」と考えていたところに、
Bに「ありゃきっと連れてきますよ」「ほら連れてきたでしょう」と語らせることで、メタな視点を持つ観客は「行き倒れを囲む野次馬」に変わるのである。メタな視点を有し、古典に対して優位性を保ってきたはずの観客は、このBの視点と気づかぬうちに同化し物語に対しての優位性を剥奪されるのである。それは観客にとっては大変幸せなことなのだ。