読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違反ヒントはありません

そもさんせっぱちょーちょーはっし

あいつは転校生

都会から転校生が来た。
どうやら泥遊びをしたことが無いらしく、仲間に入れてあげたらとてもはしゃいでいた。
なかなか手先の器用な奴で、アクロバティックな水路を完成させたりしていた。
すごいねー、とみんなが誉めるとなんだか照れくさそうにしていた。
とにかく毎日毎日僕たちも転校生もみんなで泥遊びをして楽しんでいた。


ひと月ほど過ぎたある日転校生は誰もつくったことのないピカピカの泥団子を持ってきた。
「どーやって作ったの?」と誰とはなしに尋ねた。
が、質問には一切答えてくれもしないし、
期待していた『一緒に作ろうよ』という言葉もついには転校生から聞くことが出来なかった。




広瀬香美は今こんな感じ。