違反ヒントはありません

そもさんせっぱちょーちょーはっし

GoProが面白い

GoPro HERO3+を購入していた。
動画撮影結構面白いものだ、ということに気が付かせてもらったのだけど、
その一方で、いくつかの課題というか乗り越えなければならない壁みたようなものも感じたので記す。

別にGoProでなくてもいいシーンを撮影してる

これは特に危険性もなく、奇妙奇天烈な画をとるわけでもない場合。
こんなの別にどんなカメラでもよくねーか、iPhoneでもいけるべ、
というのがあるとGoProの価値は薄れるし、投資した気持ちはぐにゃーんとなる。

GoProでなくては撮れないシーンを撮影するためには

「GoProってアクションカムなわけよ」ということを再確認して、
つまり「お前がアクティブじゃなかったらどうしようもなかんべ」という事実を、
見つめ直す必要に迫れられるわけだ。
別に自身がアクティブでなくても誰かどこかのアクティブさんに撮影を代わってもらってもいいのだが、そんな信用のおける人探すほうがよっぽど面倒な話。

面白い動画は編集が重要である

これはそのまま。だらだら撮影したものをだらだら流したところで価値を共有できるのは、(こういった撮影動機などの)前提が共有できる撮影者と、前提を聞かされている知人くらいのものであって、それは「動画」そのものの質は関係なかったりする。

編集するためには組み合わせる動画が必要である

つまりだな、GoPro一台では足りないのだよ。
少なくとも2〜3台は必要。